屋根の葺き替えリフォームをする時期はいつ頃行うのがベスト?

葺き替え

屋根の葺き替えやメンテナンスを、そろそろしないとな~と気になっている方も少なく無いと思います。

屋根の葺き替えをする目安やおススメの屋根材

大体の屋根の葺き替えの目安は、材料によって様々です。

  • スレート屋根:15年程
  • 瓦:30年程
  • 板金(トタン屋根):10年程

この数字だけを見ると、随分と短い寿命だと思ってしまいます。

しかし、これらの数字は、あくまで屋根メーカーがうたっている数字であり、一般的な場合はこれ以上使えている事が大半です。

千葉県や市原市で口コミで人気の外壁リフォーム業者リスト

屋根の葺き替えやメンテナンスは建物の寿命を延ばす!

屋根を葺き替える事で得られるメリットは、建物の寿命を延ばす事が出来る事です。

屋根は建物の1番上なので、上からの刺激を受ける場所です。

この部分が新しくなると、上部から受ける刺激に対して働く力が強固になりますので、余計な負担を建物に与えなく済む事が出来ます。

屋根のリフォームで葺き替えをする際、1番気にすべき事は屋根を軽くする事です。

屋根が重いと耐震力が乏しくなってしまうので、地震の際の影響が高くなってしまいます。 より大きく揺れを与えてしまうので、建物に対するダメージが大きくなってしまいます。

古い屋根材は重くて「家を地震に弱く」している

リフォームをするような建物は、古い屋根材を使っている事が大半です。その為一昔前に流通した重い材料を使っている場合が殆どです。

材料によっては、新しくする事で屋根の重さを半分~1/10の荷重にする事が出来ますので、屋根材の荷重の負担を大きく変える事が出来ます。

大地震が多い世の中を考えると、耐震力を高める事は必須となります。

軽くて丈夫な屋根材ガルバリウム鋼板

軽い屋根材でオススメなのが、ガルバリウム鋼板です。一般的なトタン屋根よりも軽く、錆び難いので、材料の耐久性も非常に高いです。

屋根板金と聞くと、カッコ悪くて雨音が大きく暑い、というイメージが強いのではないでしょうか。

ガルバリウム鋼板は様々なカラーやデザインがあるので、以前の板金屋根とは見た目も違い、カッコよく仕上げる事が出来ます。

更に、雨音は昔のトタン屋根よりも軽減されてきているので、気にする程度では無いと思います。

屋根の葺き替えは評判の良い会社に依頼しよう

屋根の葺き替えは、地域で評判の良いリフォーム業者や建築会社に依頼するようにしましょう。

誤った会社に依頼してしまうと、雨漏りをしてしまったりする可能性が有ります。

屋根は、外壁との納まりが大切なので、それらに富んでいる業者に行ってもらいましょう。

千葉県内や市原市で口コミで評判になってる地元でおすすめの外壁リフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)