ウッドパネルで壁のリフォームすると快適でオシャレな部屋に!

ウッドパネル

内壁はビニールクロス等の新建材が人気ですが、温もりを求めたく木の材料を使うお客様が物凄く増えてきました。

木の立体感や質感は、壁紙とは全く違う品のあるインテリアの演出をしてくれます。

ウッドパネルに壁をリフォームすると快適な空間が手に入る!

内壁の壁材を木で仕上げる場合に、綺麗な木の雰囲気を演出してくれる材料が、ウッドパネルです。

一般的な杉板の羽目板とは違い、肌触りが良く高品質で上質な天然木の雰囲気を引き出してくれます。

柾目や板目の様々な種類があり、香りがとても良いです。

また、湿気を吸ったり呼吸をしてくれるので、空間の湿度調整にも大変役立ちます。結露がしにくいので、カビ等を室内に発生する事を防止できます。

千葉県や市原市で口コミで「腕が確か」と評判のリフォーム業者リスト

DIYでウッドパネルへリフォームはキケン

内壁にウッドパネルを使う場合、1面のみの部分貼りであればDIYでと考える方も中にはいらっしゃいます。

しかし、切断長さが上手くいかず、カッコ悪い内壁にしてしまう事が多いです。

せっかくのリフォームを行うのでしたら綺麗に仕上げる事を重視して、市原で評判のリフォーム会社にお任せするようにしましょう。

また、天然木ですので、伸縮に良いる寸法変化や反りや割れ等が発生してしまう事があります。

そういった事も考えで設置しなければいけないので、DIYは向かないリフォームです。

ウッドパネルは貼り方によって見え方が違う!

ウッドパネルは、張り方によって空間の表情を変える事ができます。

横張り・縦張り
空間を広く見せる為には、横張りをオススメします。

吹き抜けは高く見せた方が魅力的な空間に見せる事ができるので、縦張りをオススメします。

腰壁のみに張る
腰から下部分に張ると、部屋の下部に濃さを引き出す事ができるので、足元に重圧感を作る事ができます。

床に重みが出るので、高価な空間に見せる事ができます。

1面のみに張る
1面の壁のみにウッドパネルを張ると、他の3面の壁とのアクセントが付くので、オシャレな部屋にする事ができます。

ウッドパネルは、様々な活用方法でオシャレなインテリアに変身させる事ができます。

ビニールクロスもオシャレですが、ウッドパネルを張って個性的な空間を演出してみては如何でしょうか。

千葉県内や市原市で口コミで評判になってる地元でおすすめのリフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)