雨樋をアルミ製にリフォームすると耐久性が高くておすすめ!

アルミ製の雨樋

雨樋と一口に言っても、様々な材質の種類があります。安価な物は、塩化ビニールが代表的です。

雨樋はアルミ製の素材でリフォームするのがおすすめ!

他には、合成樹脂、ガルバリウム鋼板、銅、アルミニウム、ステンレス等があります。
この中で1番オススメなのが、アルミ製の雨樋です。

アルミ製の雨樋が何故オススメなのかは、これらが挙げられます。

▶【地元の口コミから選ぼう!】市原市内で評判の高い外壁塗装業者リストを確認!

アルミの雨樋をリフォーム時に利用するメリット!

錆にくく耐久性が高い

1番のオススメ部分は、錆びにくい部分です。雨樋ですので、水を通す事が1番の役目です。

雨にとても強い部分は、本来の役目に対して大きなメリットと言えます。

過酷な気象条件にも耐える事が出来るので、長持ちします。

余計な継ぎ目がない

最大160m程まで長さ調整が出来るので、一般な建物の雨樋であれば継ぎ目なしで作る事が出来ます。

見た目も綺麗ですし、トラブルが起き辛いのが大きな利点です。

熱膨張がしない

アルミ材は太陽熱に非常に強いので、膨張しません。

その為、たわみや反りになりにくいので、雨樋の故障になりにくいです。

軒部分は太陽熱に当たりやすいので、とても理想的です。

排水勾配を大きく取らなくても良い

ジョイントが無いので、排水勾配を大きく取る必要がありません。

その為、直線の様なラインが可能なので、軒先を綺麗に見せる事が出来ます。

以前までは住宅で使う事が無かったアルミ製の雨樋ですが、最近は各メーカーからアルミの雨樋が販売されるようになりました。

アルミ製の雨樋は面倒なトラブルやメンテナンスがありません

アルミ独特の性能を活かした雨樋なので、雨樋の面倒なトラブルなどが起き難いのが大きな特徴です。

その為、快適に使う事が出来る雨樋です。

塩ビ等と比べると高価になってしまいますが、長い間問題なく使う事が出来るので、断然オススメです。

雨樋の材質の種類は様々ございますので、デメリットも含めて良いリフォーム店に相談し、最適な雨樋を選ぶようにしましょう。

千葉県内をはじめ市原市での評判が良い屋根・外壁リフォーム業者リストをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)