外壁塗装のモニター商法に注意!口車に乗らない様にしよう

モニター商法

モニター商法と言う物をご存じですか?

これは良く訪問販売で声をかけられるのですが、「このエリア限定でモニターを募集しているので、モニター特別価格で外壁塗装をする事が出来ます」と声をかけられる商法です。

外壁塗装の「モニター商法」には注意!

モニター価格と聞くと、とってもお得に聞こえると思います。

確かに、提示される工事費用の金額は割引され、殆どが50%引き等の半額の工事費を提示されます。

物凄く、お得に聞こえますよね。

また、その次の言葉は、「すぐに外壁塗装を行わなければ、お宅は危険な状態です」と言われる事があります。

このように塗装屋さんに言われると、切羽詰まってしまいますよね。

更に「このエリアでは1件しか募集しないので、断ると他の家に権利が行ってしまいますよ。」

こう聞くと、焦ってしまいますよね。

半額といっても100万は超える塗装工事の金額ですので、お安い金額ではありません。でも、半額と聞くと、手放してはいけないと思う方が殆どです。

▶【地元の口コミから選ぼう!】市原市内で評判の高い外壁塗装業者リストを確認!

モニター商法の外壁塗装は実は安く無い事が多い!

しかし、この時に冷静になって考えてみてください。一般住宅の外壁の塗り替えで、果たして100万を超える塗装費用は半額なのか?

本当に妥当な半額の工事費なのか、疑問に思うべきです。

このようなモニター商法の金額は、半額といいつつ実は高い場合が結構あります。

外壁の塗装は、使い塗料の種類によって金額は様々です。

一般的な見積りはシリコン塗料で行う事が大半であり、30坪で80万円程かかります。

半額の塗装工事費用と言っても、実際に使う塗料は1番安価なアクリル塗料かもしれません。

アクリルなんて塗布されてしまうと、たった数年しか塗膜が持ちません。

モニター商法よりも家の塗装は地元でちゃんとした会社を選ぼう

モニター商法は安い材料で行う事が大半ですので、半値といっても安くない場合が殆どです。

お断りすべきですが、金額的に魅力があり興味がある場合は、使い材料の種類と工程等をチェックして考えてみると良いでしょう。

また、外壁塗装は技術が必要な工事になるので、出来れば下手に安価な物に飛びつくのではなく、『県内で評価の高い業者』に依頼をされる様にしましょう。耐久性が全然変わってきます。

もし、モニター商法を契約してしまい後で辞めたいと思った場合は、クーリングオフが可能です。

口車に乗らず、冷静な判断で決断しましょう。

千葉県内をはじめ市原市での評判が良い屋根・外壁リフォーム業者リストをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)