外壁コーキングの寿命は10年!メンテナンスのポイントは?

コーキング

外壁サイディングのジョイント部分のコーキングは、材質の関係上年月を重ねる事で劣化してしまいます。

これは、コーキングの性質上仕方のない事です。

外壁のコーキングの寿命とメンテナンスのポイント

コーキングの寿命は、平均10年程度と言われております。特に太陽に対して弱く、日が当たりやすい南面に1番劣化が進みやすい傾向があります。

あまりにも太陽に当たりやすい部分は、3年でコーキングが劣化してしまう場合もあります。

千葉県や市原市で口コミで人気の外壁リフォーム業者リスト

目で見て外壁のコーキングの劣化を確認するサイン

外壁のコーキング材を目視し、コーキングとサイディングの間に明らかな隙間がある場合は、コーキング打ち直しのサインとなります。

ヘアークラック的な隙間の場合は、コーキングの後ろまで完璧に開いていない可能性があるので、まだ大丈夫な状態と言えるでしょう。

ご自分で判断が付かない場合は、業者に確認してもらうと良いでしょう。

コーキングが寿命を過ぎても放っておくと建物自体が劣化します

コーキングの劣化をそのまま放っておくと、建物の中に水分が入り込んでしまいます。

湿気を呼ぶ建物になってしまい、構造材から劣化し建物に寿命が短くなってしまいます。コーキングの劣化が見受けられたら、コーキングの打ち直しを行うようにしましょう。

モルタルの上にサイディングを張ったカバー工法の場合は、コーキングが劣化しても建物に影響を与える事はありません。

しかし、見た目的にはよくありませんので、コーキングの打ち直しをオススメします。

DIYで外壁コーキングのリフォームをするのは失敗の素!

コーキング施工というのは何となく簡単に見えるせいか、ホームセンター等でコーキング材を購入してDIYで行う方も増えてきているようです。

しかし、コーキング施工は簡単な作業ではありません。

1つの理由は、素人さんでは目地に万度にコーキング材を充填出来ない事です。

コーキングは、目地に万度にコーキングを充填しなければ効力を発揮しません。

一見簡単に充填しているように見えますが、理想的に100%充填させるのは難しい事です。
これを万度に行わなければ、全く意味が無くなります。

DIYでは難しいコーキングの2面接着

もう1つの理由は、コーキングに大事な2面接着を素人さんでは万度に行えない事です。

コーキングは目地底の1面には接着してはいけない法則があり、両脇の2面飲みを接着させなくてはいけません。

このような2面接着を行う為に、目地底にはバックアップ材やボンドブレーカーを入れて施工を行います。

コーキング施工は、意外と細かく面倒で大変な工事です。

簡単に見えがちですが、建物を丈夫に守る為には専門業者にコーキングを依頼するようにしましょう。
千葉県内や市原市で口コミで評判になってる地元でおすすめの外壁リフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)