玄関屋根のリフォームで失敗しない為に知って置くべき知識!

玄関屋根のリフォーム

玄関屋根のリフォームは、今の木構造材で作られた屋根のリフォームを行う方法と、既製品の屋根庇を取り付ける方法の、2つの方法があります。

玄関屋根のリフォームの種類と特徴

ここではそんな、玄関部分の屋根のリフォームについて詳しくまとめてご紹介させて頂きます。

木構造材で作られた既存の玄関屋根のリフォーム

既存の板金を張り替えたり、形を変えるリフォーム方法が大半です。形を変えずに板金のみを張り替える場合は、格安で行う事が出来ます。

屋根の形や向き等を変える本格的な玄関屋根改修になると、数十万かかってしまいます。 基本的には、建物に対する雨仕舞が大事なので、大掛かりな玄関庇の改修は望ましくありません。

それでも大がかりな玄関庇のリフォームを行う場合は、新しい玄関屋根と既存の建物と縁を切るように屋根を納めましょう。

既存の建物の雨仕舞に関わる事無く、玄関の屋根単体での雨仕舞の問題だけになるので、雨漏りを発生しない屋根に仕上がります。

千葉県や市原市で口コミで人気の外壁リフォーム業者リスト

既製品の玄関屋根庇を取り付けるリフォーム

LIXIL等のメーカーから出ている既製品の屋根庇は、既製品なので現地で取付けるだけで工事が完了します。

手軽に玄関屋根のリフォームが出来、見た目もオシャレな物が多いのでオススメです。

素材や形大きさにもよりますが、数万円から数十万円程の物まで、幅広くあります。

玄関屋根のリフォームは気を付けないと申請が必要になる事も

既存の玄関前に庇が無く、新規で玄関前に庇を取り付けるリフォームの場合、気になるのが新規の庇部分の面積が建築面積に入るのか、ではないでしょうか。

建築面積に入ってしまうと役所への申請等の面倒な事も絡んでいきますので、むやみに外部に新しい物を付ける事は大変な事です。

玄関前の庇に関しては、飛び出した庇の先端より1m以内の範囲は、建築面積に参入されません。

つまり、1m飛び出ている庇を付けると、庇の先端から1mより向こう余っている部分を建築面積として換算するので、この場合差し引き0となりますので、建築面積は増えません。

もし、新しく玄関前に屋根を付けたい場合は、外壁面より1m以内になる玄関庇を新設するようにすれば、問題ありません。

こういったアドバイスもしっかりしてくれる業者にリフォームはお願いしたい物ですよね。

千葉県内や市原市で口コミで評判になっている、地元でおすすめの外壁リフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)