家具の塗装リフォームをDIYで行おう!【ケース別のポイント】

家具の塗装リフォーム

傷や汚れが目立ってきた古臭くなった家具や、自分の趣味とは合わなくなった家具等は、思い切ってリフォームをしてみてはどうでしょうか。

家具はお安いものではありませんし、今は処分代金も高くかかってしまいます。処分する事にも余計な気や手間がかかってしまいますので、とても厄介です。

最近は家具の塗装のリフォームをDIYでやる方が増えています

古い家具を塗装でよみがえらせ、また違った雰囲気を作り出してみましょう。

家具の塗り替えは、DIYで行われる方もとても多いです。細かい精度を求めないのであれば、DIYでも十分でしょう。

家具の塗装の種類別に、ポイントをご紹介します。

千葉県や市原市で口コミで「腕が確か」と評判のリフォーム業者リスト

家具の塗装リフォームを行う種類別ポイント

木目調塗装の家具

木目調が出ている塗装仕上げの家具は、オイルステンを塗って仕上げている場合が殆どです。

既存の木目の色合いがナチュラル系の薄い木目調のカラーの場合は、ミディアムオークやダークオークなどの既存のカラーより濃い目のカラーにすると雰囲気を変える事ができます。

また、水性塗料で一般的なカラーに塗る事も可能です。

その場合は、1度真っ白い塗装を塗った上に好みのカラーを塗ると、綺麗に仕上げる事が出来ます。

木目が見えていないカラー塗装の家具

木目が全く見えていないカラー塗装で仕上げている家具は、違う色合いを乗せて一気に雰囲気を変えましょう。

既存よりも濃い色でも薄い色でも、綺麗に仕上げる事が出来ます。

どちらのカラーを使うにしても、まずは先程お話しした通り、白の塗装を全面に塗ってから好みのカラーを塗るようにしましょう。

家具塗装を行う際のコツは、これらが挙げられます。

素人さんでも綺麗に仕上げる事が出来るようになりますので、是非実行してみましょう。

塗装工程回数

塗装のコツは、仕上げを2回塗りする事です。

これは、プロの塗装屋さんも行っている工法ですので、仕上げのカラーを2回塗りしましょう。

2回塗りで綺麗にならない場合は、3回塗りすると良いですよ。

塗装の前の下準備をする

塗装の前に、サンドペーパーを使ってヤスリをかけて平らにすると、塗装が綺麗に乗ります。

サンドペーパーは、欠ければかける程綺麗に仕上がりますので、根気よく行ってみましょう。

塗装工事は、見た目は簡単に思えるかもしれませんが、実はとても難しい工事です。上手くいかないかも…と思うのであれば、プロの塗装屋さんのお願いしましょう。

まるで新品で買ったような、綺麗な家具に早変わりしますよ。

千葉県内や市原市で口コミで評判になってる地元でおすすめの外壁リフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)