フッ素の外壁塗料はどういったデメリットが有るの?【導入前に確認を!】

フッ素の外壁塗料

主に外壁塗装等に用いられるフッ素系の塗料は、アクリルやシリコンに比べると寿命が長いのが、大きなメリットです。

耐候性が高く、耐熱性や耐寒性にも、大きな効果を発揮してくれる素晴らしい材料です。
耐汚性もあるので、外壁が汚れても汚れが落ちやすいので、綺麗な外壁をいつまでも保つ事が出来るメリットもあります。

耐用年数は15~20年と、塗料の中では1番耐用年数が長いのも大きなメリットです。

リフォームで使うと、それ以降塗装工事の心配がない塗料と言えます。メンテナンスフリーになるのは、とても大きな魅力です。

千葉県や市原市で口コミで人気の外壁リフォーム業者リスト

外壁のフッ素塗料のデメリットは?

ここだけ聞くと物凄く優れた塗料に聞こえますが、フッ素系の塗料の普及は意外と少ないのが現状です。

こんなに優れた良い材料なのに、何故普及しないのでしょうか。

素晴らしいフッ素系塗料ですが、単価が高く一般住宅に使うには高価すぎるのが大きなネックとなっております、同時にデメリットでもあります。

フッ素が耐久度が高いと言っても塗ってから実際に何十年も経った家は無い

また、メンテナンスフリーと言われていますが、実際にフッ素の塗料が塗られる様になって時間が経っていないので、本当に何十年も持つのかメンテナンスフリーかどうか確証はない事も挙げられます。

実際にこれを塗って何十年も経った家は無い訳ですから。市原市でも殆ど外壁塗装で利用されている方はいません。

しかも、フッ素系塗料と同じ効果を発揮する塗料を安価で使う事が出来るので、フッ素系塗料を求められる事が少ない傾向があります。

美感性が強く耐久性が物凄く高いので、価格が下がれば普及していきかもしれません。

耐用年数が評判通りなら、トータルのコストで考えると、他の安価な塗料を使うよりもお得になる場合があります。

コストが下がった時にフッ素の塗料を検討しよう

1度に支払う塗装のリフォーム代金は高いですが、その後のメンテナンスの事を考えると高くないという考え方も出来ます。

塗料は、価格と性能のバランスが取れて、初めて顧客のニーズへと繋がります。塗装工事の際の料金が高いと、お客様への反応が鈍くなってしまいます。

その為、リフォーム業者も選べない塗料となっております。良い材料なのになかなか世に出られない、厄介な塗料と言っても良いでしょう。

千葉県内や市原市で口コミで評判になってる地元でおすすめの外壁リフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)