火災保険で屋根の雨漏り修理は賄える?

雨漏りの保険

屋根の雨漏りは、破損状態により修理費用は様々です。

ここで知ってほしい事は、保険で屋根の修理費用が出るかもしれないという事です。

火災保険を使って雨漏りの修理を行う事も可能です

状況によっては、火災保険を使って屋根の雨漏りの修理費を賄う事が出来るのです。

火災保険に記載がある、強い風や積雪、ヒョウ等の気象で屋根の雨漏りが発生したとなると、火災保険から保険金が下りる事が多く、0円で修理を行う事が出来ます。

千葉県や市原市で口コミで「腕が確か」と評判の屋根・外壁のリフォーム業者リスト

火災保険が適応される屋根雨漏りのケース

このシステムは、大手の火災保険であればどの保険でも記載がありますので、一度保険内容を確認されてみては如何でしょうか。

風災の場合

強い風によって、屋根等の住まいに被災が及んだ事が該当します。具体的には、最大瞬間風速20m/秒以上の速さだと、風災と該当されます。

台風などは、間違いなくこれに該当します。

板金がめくれ上がった、瓦がずれてしまった等、屋根に関わる事は、細かいパーツでも全て該当します。

雪災の場合

雪によって、屋根等の住まいに被災が及んだ事が該当します。

2階の屋根から落ちてきた雪が1階の屋根に落ちた事で雨漏りに繋がった等が、該当します。

雪止めが外れた等も、雪災に該当します。

ヒョウ災の場合

ヒョウが降った事により、屋根等の住まいに被災が及んだ事を指します。屋根自体の破損や屋根関係の各パーツのはずれや破損などが、該当します。

こう言ったケースの場合には、保険が適用される事が多いです。

火災保険に適応されるのか迷ったらリフォーム店に相談を

屋根は経年劣化に該当されるように思えますが、何年~十数年使うで必ず風災等の被害にあっております。

その辺を、専門業者に依頼して鑑定査定してもらい、火災保険で修理費をまかないましょう。

状況によっては該当しない場合もございますが、屋根の不具合が確認されて修理したいなと思ったら、まずはリフォーム業者にその旨を伝えて保険が効くのかどうか確認しましょう。

せっかく保険に該当するのに、自腹で高いお金を払うなんてもったいないですよ。

千葉県内や市原市で口コミで評判になってる地元でおすすめの屋根・外壁リフォーム業者リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)